忍者ブログ
痩身ダイエット
[15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

痩身のためにダイエットで食事制限を行うと、体では『栄養が不足している状態だ』と認識され、人が生きていくために備わっている『ホメオスタシス』という機能が働きます。

 ホメオスタシスって?
生きていく為に必要な、エネルギーの消費を減少させる機能の事です。
つまり、少量のエネルギーでも体を維持し生き続けられるということです。
食事が長期間取れない場合などに、このホメオスタシスという機能が働き、生命の維持を助けるのです。
なので、ダイエット時は大抵の場合栄養不足になっていまうので、ホメオスタシスが働いてしまうのです。
そうすることにより、『今までと変わりなく食事制限しているのに、全然体重が減らない』という症状が出てきてしまう訳です。
ホメオスタシスの機能が、減ってしまった食事量でも身体は維持できる、エネルギー消費を以前と同じに戻しても大丈夫、と理解するまでに約1ヶ月程掛かります。
ということは、その間は何の変化もみられないため、努力して食事制限をしていても無理だ、とダイエットをやめてしまう。
この挫折が、リバウンドを引き起こすのです。
もう一度言いますが、ホメオスタシスは、理解するまでに一ヶ月かかるのです。
つまり、ダイエットを挫折して食事を元に戻しても、ホメオスタシスは機能し続けているということになります。
その状態でダイエット前と同じ食事を取ってしまうと、前よりも少ないエネルギーしか使わない身体になっているため、ダイエット前より余分なカロリーとして蓄えられ、結果痩身は失敗し太ってしまう、リバウンドしてしまうというわけなのです。

 しかも、満腹感を感じる機能にズレが生じているため、食事量がダイエット前よりも増えてしまいます。
結果、何度もリバウンド繰り返してしまうと、太りやすく痩せにくい、痩身から遠い体質になってしまうというわけです。

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3
カテゴリー
最新トラックバック
ブログ内検索
痩身ダイエット

Copyright © 『痩身ダイエット』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]